TOP > Coordinate

50sジャケット当時の着こなし

2016.02.10

ポール・ニューマン主演映画「傷だらけの栄光・Somebody Up There Likes Me」
1956年に製作された作品ですが実在したボクシング世界ミドル級チャンピオン、ロッキー・グラジアノの生涯を描いた内容は日本でも影響を与えたらしく後に「あしたのジョー」でうまく使われています。
すぐ喧嘩をするが弱いものイジメはしない、女性に対してはシャイである、子供達にも慕われている下町のヒーロー、刑務所を何度も脱走している等、この魅力的キャラクターを巧く昇華したポール・ニューマンの演技も光り、この作品をプロットに様々な作品が派生していったのでしょう。
さらには注目すべき50sファッションアイテムが沢山登場します。
一度にはとても紹介出来ないくらいなのでまずはナッソージャケットの着こなしを!

 

20160210-2

ロッキー役のポール・ニューマン、襟なしシャツにナッソー。
ロカビリーシンガー的着こなしとは違い、襟なしに合わせるところが当時のリアルなストリートを感じさせ現代の目で見ても逆に魅力的ではないでしょうか?。
マーロン・ブランドにも通じるタフなイメージ。
ジャケットの形状はHollywood Sports Wear/CarmelまたはCalifornia Sports Wear/Palominoに似ていますが、恐らくカーメルでしょう。
注目したいのは3つボタンなのにあえて一番下のみを留めている所!
Vゾーンが広くなる事で厚い胸板が強調されます。
当時の不良的着こなしです。

 

 

20160210-3

エルヴィスも1957年映画「監獄ロック・Jailhouse Rock」で刑務所あがりのロック歌手役を演じていますがここでも意識的に3つボタンの一番下のみを留めています。
これはHollywood Sports Wear/Capistrano着用、衣装ではなくて自前です。
エルヴィスの場合は1955年、56年のプライベートでもこのパターンが多いので自然になった様に見えますがこの時期、映画での役作りに対してはかなり意欲的だったので他のシーンと比べて考えるとここは演出でしょう。

さすがです。

 

online_shop_banner

カテゴリー: Coordinate,Elvis Presley

ナイロンジャケットは意外と高額だった

2016.02.05

1954年10月のLIFEからマックレガーの広告。
ジェームズ・ディーンが1955年映画「理由なき反抗」でこのモデルの赤を着用していた事が分かり、ナイロンアンチフリーズ・ジャケットは古着市場でもずいぶんと高額になってしまいましたね。
この広告だと価格は当時22ドル95、マックレガーのブランド価値もあり割と高めです。
他ブランドだと当時のシアーズカタログに掲載されているヘラクレスのナイロン・ジャケットはリバーシブルタイプで14ドル50、アーガイルパターンのレーヨン・ジャケットで9ドル前後ですから比べてみるとナイロンアンチフリーズは高いです。
ヘラクレスのレザー・ジャケットで22ドルくらいから始まりますからMcGREGOR ANTI-FREEZE NYLON JACKETは当時の革製品並みの価格です。
ナイロン素材は1940年代にはフライト・ジャケットなどに既に採用されていますが50年代当時でもまだ希少な新素材であった事が価格からみても判ります。

 

20160205-5

これは20年以上前に購入した50年代のナイロンフリースジャケット。
赤色が気に入って良く着用していました。
ところが今頃になって気付いたのですがこれはリバーシブルだったのです。

 

 

20160205-3

裏返すと黒のナイロン・ジャケット、しかも裏地が赤になってしまいレア度満点!
ブラックナイロンは人気アイテムですから今は高額です。
売られていた時は赤のフリースが表になっていたので裏地がナイロンと言う事の意味を深く考えていませんでした。
なんたる不覚…
90年代前半、50年代のナイロンは古着市場でも今ほど注目されていなかったと思います。
ちなみにフリースはWikipediaだと1979年に開発されたと記載されていますが50年代のシアーズカタログではNylon Fleeceという商品名を多く見かけます。

LOT.765 Nylon Sports Jacket

1950年代のヴィンテージをベースに製作しました。
表地にナイロン、裏地はアクリルボアを配し、軽量且つ防寒性に拘ったジャケットです。
襟元のリブをシングルではなくダブル織にしたところもポイントです。

20160205-1

20160205-2

 

online_shop_banner

 

カテゴリー: 706union Items,Coordinate

ロックンロールパンツ、サイズ別履き比べ

2016.02.03

1950年代のWestern Pantsを基に製作したROCK’N ROLL PANTSはジーンズの様に着こなすイメージを取り入れ当時のヴィンテージよりも股上がやや浅めに作られております。
その為ROCK’N ROLL PANTSの場合はジーンズの様にあえて大きめのサイズを選ぶのも面白く
シーン別にサイズ分けするとイメージも変わり様々な着こなしに対応できるアイテムとなります。

モデル身長175cm体重63kg、W30,W32,W34inchの3サイズで確認してみました。

 

LOT.706 Rock’n Roll Pants Black/size:W30

20160201-4
20160201-5

ぴったりサイズなのでベルト無しでもシルエットは崩さずに色も黒を選んだ分更にタイトに見えてきます。 靴はVAMP SHOES。

 

 

LOT.706 Rock’n Roll Pants Charcole Gray/size:W32

20160201-6
20160201-7
ワンサイズ大きめです。このくらいの方が動きやすくてちょうど良いですね。
ベルトはAce Western Belts約38mm幅使用。
ベルトループの後側がセンターに無いシンプルなデザインはPants腰周りに余裕がある場合、ヒップラインが下がりやすいのでベルトで補います。
靴はVAMP SHOES。

 

LOT.706 Rock’n Roll Pants Camel/size:W34

20160201-8

20160201-9

ベルトはAce Western Belts、太め約43mm幅使用。
靴はAttractions Roper Boots。
パンツはCotton 100%、やや薄手のヘリンボーン柄はワークパンツ的な感じで生地の余りやシワの感じもブーツを履いて相性良く履けます。

online_shop_banner

 

カテゴリー: 706union Items,Coordinate

3 / 3123

Copyrights © 706union | Official Website All Rights Reserved.